スポンサーリンク

ユネスコ「和食」が世界遺産に登録された理由は?

ユネスコの無形文化遺産に「和食」が登録されました!

食に関係する無形文化遺産としては、フランスの美食術、スペインやイタリアなどの地中海料理、メキシコの伝統料理、トルコのケシケキ(麦がゆ)の伝統がすでに登録されており、和食は5件目の快挙といえます。

いったい日本の和食のどの料理が登録になったの?なぜ和食店は「無形文化遺産コース」をメニューにしないの?ここではそんな曖昧な部分にせまりましょう。

スポンサーリンク

無形文化遺産に登録された和食って懐石料理?それともお寿司?

2013年12月4日、ユネスコ無形文化遺産に「和食:日本人の伝統的な食文化」が登録されました。
和食というと、懐石料理やお寿司などをイメージしてしまいがちですが、登録されたのは特定の料理ではなく「和食:日本人の伝統的な食文化」というものです。申請では和食を「自然を尊ぶ」日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」と位置づけています。すなわち登録されたのは和食をめぐる文化であって、具体的なメニューや料理ではないということです。

無形文化遺産とは?

伝統的な音楽、舞踊、演劇、工芸技術といった無形の文化で、有形の文化遺産と同様にその国の歴史、文化、生活風習と密接に結びついた重要な文化遺産です。
無形文化遺産が形のない文化を対象としているのに対して、世界遺産は建築物や自然などの有形のものを対象としている点が異なっています。

スポンサーリンク

和食が世界遺産になった評価理由

アピールポイント
新鮮で多様な食材とその持ち味の尊重
栄養バランスに優れた健康的な食生活
自然の美しさや季節の移ろいの表現
年中行事との密接な関わり

「自然の尊重という日本人の精神を体現する社会的慣習」というキャッチフレーズで登録を目指しました。
和食の食文化として紹介されたものは、京都精進料理・懐石料理、東京のすし、東北の鍋料理、うまみ成分を多く含む出汁の使用、味噌や醤油などの発酵技術、さしみ包丁などの独特な調理器具、竹や木の葉、器などを工夫して食卓を美しくする表現などです。
その結果、「和食」の食文化が「世代を超えて受け継がれ、地域の結びつきを強めている」と評価されました。

和食店の看板に「無形文化遺産」とアピールしてもいい?

和食の無形文化遺産登録を受け、文化庁は、無形文化遺産をアピールした和食のビジネス利用を一切認めない方針を決めました。 企業から「無形文化遺産登録」をうたって特定の料理や食材を販売することの是非について問い合わせが相次ぎ、同庁が、過度な商業化が続けば最悪の事態として登録取り消しもあり得ると判断したためです。 さらに、こうした方針の背景には韓国の「キムチ」が受けた“警告”も影響しているといいます。

スポンサーリンク

景気への影響は?

また、日本政策金融公庫が、飲食業や理・美容業、ホテル・旅館業など生活衛生関係営業企業を対象に3月上旬に実施した「景気動向等調査(2014年1〜3月期)特別調査」結果(有効回答数2977社)によると、和食のユネスコ無形文化遺産登録により、「ホテル・旅館業」の26.7%、「料理店」の21.4%、「すし店」の15.1%が経営に「プラスの影響がある」と回答。
和食店経営への影響では、「プラスの影響がある」の割合が「ホテル・旅館業」26.7%、「料理店」21.4%、「すし店」15.1%となっています。プラスの影響として期待できること(複数回答)では、「日本人の和食に対する関心が高まることによる日本人客の利用増加」(76.9%)、「外国人観光客が増えることによる外国人客の利用増加」(64.2%)、「和食に興味を持つ人が増えることによる従業員・後継者の確保」(31.2%)の順に高くなっています。

今後の課題

ユネスコ条約の本来の意図は“危機に瀕している文化”を保護することにあります。

和食と密接に関わる文化が消えかかっているという状況が、無形文化遺産の登録に駆り立てたということなのでしょう。改めていえば、放っておいたら消えてしまうものを保護するためにというわけなのです。

このようにユネスコ無形文化遺産の精神をあらためて検証してみると、まさに“日本から伝統的な食文化が消えつつある”という状況があることに気がつきます。本当に、放っておいたら消えてしまうかもしれません。

というわけで、その消えつつある日本の食文化の保護と継承が今後の課題となっています。